せどりでがっつり稼ぐには

せどりとはいわゆる転売です。転売するものは人によってちがいますが、本、CD、おもちゃ(ホビー)、DVD、ジャンクとまあいろいろあります。なんといっても敷居が低いところが魅力です。。スマフォ、パソコン、プリンター、30万ほどの資金があれば可能です。10万円でもいいですが、資金は多いほどいいです。危険性はひくいですね、あるとすればアマゾンのアカウントを失ってしまうというのが一番リスクがあります。なにせ販路を失うわけですから、今まで持っていた在庫が、すべて不良在庫になってしまいます。これだけは避けるべきです。。はじめ方は簡単です。アマゾンに登録、電話確認をして、クレジットカードを登録するだけです。(デビットカードでも登録可能です。今回は本せどりのやりかたとCDせどりのやり方を説明したいとおもいます。この時必要になるのが電脳せどりツールかスマフォです。電脳せどりにはせどりキング有名ですが、これは自宅にいてアマゾンの在庫やほかのブックオフオンラインの価格差をしらべて、アマゾンで高く売れるなっていうしなものがあったら、ブックオフオンラインでしいれるわけです。仕入れる前にやることがあります。重要モノレートというサイトがあります。これは、アマゾンでどのくらいの平均価格で売れているか、売れている頻度はどのくらいかを調べることができます。これはやらなければいけないです。なにせ、いくら価格差があったとしても売れなくては意味がありませんから、また、電脳せどりには、こんな使い方もあります。在庫が1つのものがアマゾンにあるとします。これが絶版ものかしらべるのです。絶版ものならプレミアム価格がつきます。1万円でも売れます。実際僕も、何度も打ったことがあります。CDのほうにおおいのですが、次にスマフォをつかったせどり方法を説明します。通常バーコードリーダーを買います。(超小型、親指ぐらい)アマゾンで1万円前後でうっています。これをスマフォのアプリにせどりで検索すると、たくさんツールがでてきますので、スマフォとバーコードリーダーをつなげます。これをもってブックオフ等にいって実際にバーコードでスキャンするのですが、この時、注意しなければならないことがあります。それは、ブックオフによってはバーコードリーダーを禁止しているみせがあるのです。行く前にブックオフにバーコードリーダーOKですか?と聞いておきましょう。バーコードがだめでも携帯の手打ちならいいよという。お店もあります。これで実際に仕入れてきたら、アマゾンに出品です。出品にもバーコードリーダーをつかいます。バーコードをスキャンすると、その商品のカタログがでてきますので、後は商品説明をかき出品ボタンを押すだけです。出品ツールにはせどりキングがおすすめです。電脳せどりも出品作業もできますので、初心者にはおすすめです。価格は2万前後です。また、仕入れてきた商品の在庫かんりですが、1つは自宅管理、もう一つはアマゾン倉庫にあずける方法になります。自宅管理は家の空いてるスペースにカラーボックスなどを置き、そこに管理します。管理方法はブックオフとかの管理とかでOKです。タイトルをあいうえお順に管理しているのをみたことがあるとおもいますが、あれでOKです。次にアマゾン倉庫に管理してもらうやりかたですが、アマゾンに商品をおくってアマゾンが出荷作業をしてくれるのですが、初心者のかたにはおすすめできないです。何故なら、管理している場所代と出荷作業台もとられるからです。利益は出しにくいと思われます。初心者の方ら自宅に管理して自分で発送作業をするのがいいとおもいます。では自宅管理、自分で発送するさいに必要なものを説明します。まず、郵便局と契約します。特約ゆうメールというもので年間500から千程度発送できればA4までのサイズでしたら、安く発送かのうです。重さにもよりますが90円から250円ですね。文庫なら90円でおくれます。これは重要で利益に大きくかかわります。これを契約しないと利益が出せせないといってもいいぐらいです。大きな郵便局(ゆうゆう窓口がある郵便局になります。)相談してみましょう。では利益の上げ方ですが。今いった郵便局の契約以外にも、いくつかあります。それは、本やCDを送る際には茶封筒がいりますよね。これはどこが一番安く売っているかというと僕が、知る限りではホームセンターですねB5、A4の茶封筒を買っておけばいいでしょう。価格は400円から500円といったところです。次にガムテープですがダイソーのビニール式のやつが長さが長くてオススメです。次に包装材です。本売るときはビニールでくるまないとダメです。アマゾンに評価がありますが悪いをつけられます。最悪アカウント停止です。絶対やってはいけません。ビニールも安く売っているところを紹介します。文庫や普通の単行本でしたら、ローソン100に150枚いりの薄いビニールがうっていますね。108円です。少し大きめのビニールでしたらキャンドゥがおすすめです。80枚いりで108円です。CDのほうはプチプチの包装材がいります。アマゾンで安く売ってるやつがあるので買いましょう。1200円ぐらいです。これも、ちゃんと包装しないと評価が悪いがつきます。次にプリンターのインクですね。みなさんプリンターのインク高いと感じませんか?物によっては、プリンターよりインクが高いよっては物もあります。これは、ダイソーの100円の黒い詰め替えインクで行きましょう。108円です。安いでしょ、バカ高いインク毎回買っていたら利益なんてでませんよ。なんか小さい経費削減の話をさせていただきましたが、ちりも積もれば山となるです。1円でも安く経費を持っていきましょう。期待できる収入ですが在庫、仕入れた価格差、売れるランキングによって違いますが、一つ言えることは、在庫は限界まで自宅におきましょう。在庫に比例します。僕な小さなアパートで3000ほど在庫を抱えていましたが、利益は15万程度でした。昔はもっと稼げたんですよ。10年前にくらべて、せどり人口が10倍になってしまったからです。このせいで値下げ合戦がはじまり、利益が昔よりだせなくなってしまいんました。まあ、今でも、稼ぐことは十分可能です。SNS等では辞めてしまったかたもいるようですが、まだまだいけます。デメリットがあるとしたら、発送時間が在庫によって長くなってしまいますね。20冊1日でうれたとします。慣れている僕でしたら、1時間もあれば発送できます。ですが、慣れてない人でしたら、3時間ぐらいかかるかもしれません。本のクリーニングとかしてから発送するのが普通ですから、向いている人は朝時間が開いている人ですね。早起きしてもいいです。ですからやろうと思えばやれます。早起きして本の発送作業をして、朝ゆうゆう窓口のある郵便局の窓口に持って行って発送してくるだけです。(僕の所は朝7時から営業でした。)家にいて、郵便局にもっていくのが、めんどくさいです。という人は、郵便局は集荷もしております。時間を決めて取りに来てもらいましょう。これから、せどりをはしめたいと思っている人へ、リスクは低いです。会社やめて、せどりやった人もいます。副業でやってもいいです。皆さんの豊かな生活へ少しでも役に立てたら幸いです。